スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンニバルライジング

見てきましたよー

aa.png

http://www.hannibal-rising.jp/



素直に楽しみました。

日本では能面をぶら下げないし、
鎧兜をご先祖様として崇めないし、
(八ツ墓村を思い出したよ)
その時代にそんな名前はねんじゃね?だし、
「日本」についての表現は突っ込みどころ満載だけど、
まぁエンターテイメントなんでオケ。

ハンニバルが目覚めた?原因とか、
そのへんは余りにも直接的、かつ分かり易過ぎたし、
その過程も、ちょっとどーかなぁ、的なカンジでしたが、
これもエンターテイメントとしてみれば、ね。

これは、これまでのシリーズを観て来たひとに対して
「おまけ」的な映画な位置づけと思えばいいのではないかと。
トマスハリス本人より、熱狂的なレクターファンが書いたほうが
心理描写とかは巧く構成できたのかも、とも思うし。

大人の事情はともかく。

ミーシャはほんっとかわいくて、
演技じゃないでしょ、ホントでしょ、だし、
なんといってもハンニバル役のギャスパー・ウリエルがかっこいい!
坊主時はイケてないけど、髪があるときは最高!
左頬の、あれはえくぼ?なのかな。
それがいい影を出すわけですよ。
オーリーやめてこっちにしようっとwww

こういう映画って、見た後にあれこれ
その背景とか奥とかを想像するのが楽しいですよね。

見終わった後にいろんな妄想含みをダーと話してたんですが、
映画の終盤に明かされた事実。
ハンニバルはショックを受けていたけれど、

「絶対、ハンニバルは気づいていたよね」

とダーと意見が一致しました。
いや、そういう狙いだったかもだけど。
表現しきれてなかったということかもしれないけど。

でも、そう考えると、
ハンニバルのそれまでの、これからの心の闇なんかを
もっともっと想像妄想できるわけです。

こういう映画は想像力逞しくして楽しまないとね。

ほら、「レディムラサキ」は呼称で、
本名は「ヨネ」とか「シカ」だったりするんじゃないかな・・とか。


ところで、以前の映画(本かな・・)のどこかで、
レクターがミーシャ(妹)の最期について話してるシーンがあった記憶が。
ダーは覚えてない、っていうんですけど、
私もどの映画のどのシーンかは思い出せない。

「佐川君の幼い頃聞いた話」とごっちゃになってるのかな・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あゅ

Author:あゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。